fc2ブログ

想う。

さとごろうのひとりごと
03 /28 2022
 
 コメントありがとうございます。

 お返事書きました~♪

 おともだちのブログで桜を楽しませてもらっています♪

 もう春なのね~。


 さてさて~、
 
 目がなんだかムズムズ、

 鼻もムズムズ、

 花粉症かもと認めたら負けそうな気がして、

 ただの気のせいだと思う今日この頃です。

 
 週末はTNRのお手伝い。

 20220320_133245.jpg

 手術後のリリース。

 キャリーを開け、一目散に走り去っていく後ろ姿を見て、

 毎回想う。


 「ごめんね」

 おうちに入れてあげられなくて、ごめんね。

 お外で暮らすしかない環境を作ってしまった世の中で、ごめんね。


 「元気でね」

 ごはんを食べられますように、

 休める場所がありますように、

 車にひかれませんように、

 短いであろう猫生が、

 少しでも穏やかなものでありますように、

 元気でね。


 出来ることしか出来ないけれど、

 出来ることをやっていこうと思います。

 
 自分の気持ち的にも、キャパ的にも、

 うちの子含め、今いる子たちで頭数は満員御礼なので、

 保護はお休みして、

 TNRのお手伝いを続けていければよいなと思っています。



 さくらねこ活動をはじめ、いろいろな活動をされている、
 「公益財団法人どうぶつ基金」
 「野猫(ノネコ)」、「野良猫」、「家猫」、
 いろんな名前があるけれど、
 みーんにゃ、同じ、かわいいにゃんこ!!
 
 ◎動物愛護支援の会八戸
 毎月二回譲渡会開催してますよ~。
 さとごろうは、この会でボランティアをしています。

 みんにゃが笑顔になりますように~。
 
 インスタグラムやってま~す♪
 携帯パシャパシャ、とっても簡単♪
 よろしければ、#さとごろう一家 で検索してみてくださいね。

  にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。
 
 良いものいっぱい、なんでも揃う楽天市場♪ 
 さとごろうのお買い物は、ほぼ楽天♪

 楽天アフィリエイトをしていま~す。
 アフィリエイトとは→ブログ内のリンクやバナー経由で、
 お買い物をしていただくと、さとごろうにも、少しポイントが入るのです!
 もちのろん、購入していただいた方にも通常通りポイントが付きます。
 良いものを紹介して、自分にもポイントが入るにゃんて、す・て・き♪
  
 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
リリースする時の切なさはよ~く分かりますよ。
せめて朝ご飯を食べて帰って欲しいのですが
一目散に去って行きますよね。涙
それだけ怖い思いをしたんだもんね。
でもこれからの猫生が少しでも楽になると良いなぁと
いつも思います。
我が家に来る子たちにはいつもお腹いっぱい食べて欲しいと
思っています。

No title

こんにちは☆
なんかうううっとなる記事でした・・・。
TNRの基本はリリースだとおもいますが、中には里親探しをする猫さんもいるんですよね。長毛さんだったり人懐こいとかが基準なのかなとおもってますが。
お家がある・ないに繋がるその分かれ目が切ないです。

いつも思います。猫さんにとっての人間ってなんだろ?って。
猫さんにとってのパラダイスってどういうことだろう?って。
私は本音をいえば、お外で野良さん状態で猫さんが普通に生きていける、そんな人間社会であってほしいとおもっています。猫好きだからそう思うってことはわかってますけど、これは他の動物であっても基本は同じです。
地球は人間だけのものじゃないからね。そして人間がどれだけ食物連鎖の頂点にたっていようとも、人間だけでは生存できないんですから。
現代日本では悲しい事にそれが実現できないから、せめて少しでもお外猫さんたちが飢えに苦しむことない猫生を送れることを願います。

doriさま。

こんにちは。
走り去る後ろ姿を見送りながら、いつも、なんとも言えない気持ちになります。
doriさん食堂に来る子たちも、たくさん食べて毎日元気で過ごしてほしいです。

かりんさま。

こんにちは。
リリースする、保護するの判断は、それぞれかと思いますが、保護は子猫や人馴れしている子が優先的になっているように感じます。大吉や幸吉、ひかり、しゃあこ兄弟とか私自身が関わったところは、基本人馴れしてるしてないに関わらず、私の気持ち次第です。この子に、ずっとのおうちが見つからなくても、何かあっても、自分が一生面倒見る覚悟ができてるかどうか笑。

外は過酷だし、危険もいっぱい(人も車も他も)だし、おうちに入るのが良いことだとは思います。だけど、家の中の生活が苦手な子がいるのも事実だし、全部保護をできるわけでもない。となると、かりんさんがおっしゃるように、外でも暮らしていける環境が整えばいいのにと思います。これは猫に限らず、野生動物や、ほかのことにも共通してますよねぇ。迷惑だから排除するではなくて、どうしたら被害を減らして、良い方向に進んでいけるかを考えて実行するほうが、未来を担ってくれる子供たちにも良い影響を与えられると思うのです。TNRは、苦手な方たちには、今すぐの解決にはならないけれど、ゆくゆくは、猫が減り、不幸な命も減り、今出来る方法なのかなと思います。長文お返事になりました汗。

さとごろう

嫁(さとごろう):稼ぎ頭2号 
ぽっこりん   :稼ぎ頭1号
3わん、5にゃんと、おまけ人間。

気が付いたら、こんな大家族に!!
かわいこちゃんの事や、
日常のちょっとしたことを、
綴っていきます。
よろしくおねがいします。