fc2ブログ

次に生まれてくるときは。

さとごろうのひとりごと
05 /16 2020

 昨日の話。

 嬉しいことと、

 悲しいことと。


 昨日の朝、

 IMG_20200515_074221_523.jpg

 なにやら、じとっとした熱い視線を感じ、

 その方向へ目をやると、

 IMG_20200515_074221_525.jpg

 はい~、

 無言の熱視線。

 きっと、嫁への何かのメッセージを送っているに違いない。

 は!

 仕事に行かずに、もふもふと一日中なでろと言っているのかしら!

 と、

 妄想を膨らましながらも、仕事へ。

 前日に、私が大好きな猫神様から、

 かわいい生地をたくさんいただき、

 前日夜からテンション上昇が止まらず♪

 そのテンションのまま、

 ルンルンで仕事に向かっておりました。

 

 その途中、

 家の近所の道路の真ん中で、

 猫が横たわっていました。。。

 パッと見で、亡くなっていたのは分かったものの、

 なんだか、そのままにしておけずに、

 Uターン。

 その子を車へ。

 亡くなって、そんなに時間が経っていないようでした。

 きっと、道路を横切ろうとして、タイヤが頭にぶつかったんだね。。。

 たまに、お外で見かける子に似てました。

 首輪をしていなかったけれど、
 
 お外の子なのか、

 飼い主がいたのか。



 お外の子は、1日1日を必死で生きている、

 けっして、自由を謳歌し、

 のびのびと暮らしているわけではなく、

 写真集のように、

 ほっこり癒される対象では無いと、

 嫁は思うのです。


 IMG_20200515_204744_315.jpg

 金と銀は、生粋の野良ではないけれど、

 IMG_20200515_204744_317.jpg

 お外に出されて、

 1年くらいで、

 こんなに、銀の肉球はボロボロ。

 

 IMG_20200515_204744_319.jpg

 嫁は、TNRのR(リリース)に反対では無いです。

 なぜなら、おうちの中が必ずしも、

 これまでの環境や状況によって、

 その子にとっての幸せではないと思うから。

 でもね、

 飼い主がいるのに、

 中も外も自由にしているのは、大反対。

 お外に出すから、出たがるのです。

 「うちの子、外に出たがるのよ」

 「猫は、外で自由にさせる生き物だ」

 「家の中に閉じ込めるのは可哀想」

 これらは、ただの言い訳だと思うのです。


 毒嫁、発動。

 だったら、飼うなよ。。。
 
 そのうち帰ってくるだろう、

 そのうちって、どのうちよ。。。

 猫は、ねずみを獲るものだ。って、

 いつの時代の話よ。。。

 自分ちの子が帰ってこないかもという不安で、

 押しつぶされそうにならないのかな。

 お外は危険がいっぱいです。


 名前も知らない、あの子。

 次に生まれてくるときは、

 きっと幸せになりますように。


 さくらねこ活動をはじめ、いろいろな活動をされている、

 「公益財団法人どうぶつ基金」

 いまは、あまみのねこのために尽力してくださってます。→

 「野猫(ノネコ)」、「野良猫」、「家猫」、

 いろんな名前があるけれど、

 みーんにゃ、同じ、かわいいにゃんこ!!

 人が勝手にくくりをつけただけ。

 みーんにゃが幸せになりますように!!

 今の自分に出来ることを、せいいっぱい!

 ◎にゃんだーガード
 残念ですが、福島のシェルターは閉鎖されるそうです。
  
 ◎LYSTA
 福島県いわき市で頑張ってくださってます。
 
 ◎ちーむぼんぼん
 こちらも福島で頑張ってくださってます。

 ◎→はちねこ!てんてんさん 「おれ!みけお!」
 八王子で頑張ってくださってます。

  
 嫁の地元でも頑張ってくださっている方達がたくさんいらっしゃいますよ~。
 ◎動物愛護支援の会八戸
 毎月二回譲渡会開催してますよ~。

 嫁は、この会の活動会員です。

 ◎しっぽの願い@青森
 条件付譲渡ってご存知?
 かわいい子が待ってますよ~。

 何がきっかけか忘れちゃったけれど、
 ももを家族に迎えて、いろいろ思うところがあって、
 細く長く応援したいと探して出会った団体さん。
 他にもたくさん応援したいところはあります。
 自分に出来ることを少しずつ。

 インスタグラムやってま~す♪
 携帯パシャパシャ、とっても簡単♪
 よろしければ、#さとごろう一家 で検索してみてくださいね~♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
えへへ、復活。。。   

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

泣けました。
涙が止まらなくなった。
そうです。
さとごろうさんのおっしゃる通り。
まさしくそうです。
外猫は野良じゃない。
どの猫も同じ猫。
どうして外のコばかりが過酷な
運命にあるのか。
日本はおかしいよね。
生体販売、放棄、遺棄、全部おかしい。
先進国の名が泣く。
かわいそうに・・・
辛い光景でしたね。
最後人の手で優しくしてもらったことが
ほんの少しの救いでした。
ありがとうございました。
そして猫と暮らしている人・・
外に出さないでほしい。
本当に。

うえーーーん。
ほんとに涙が止まらないよ。

くーちゃんさま。

こんにちは~。
「ペットは家族」
人と同じく扱ってということではないし、極端な甘やかしとかはダメだけれど、その子の習性を理解しながら、最後まで一緒に暮らすことが当たり前。そうなって欲しいですね。ほんとに、飼っている子を、お外に出すのは止めて欲しいです。。。

さとごろう

嫁(さとごろう):稼ぎ頭2号 
ぽっこりん   :稼ぎ頭1号
3わん、5にゃんと、おまけ人間。

気が付いたら、こんな大家族に!!
かわいこちゃんの事や、
日常のちょっとしたことを、
綴っていきます。
よろしくおねがいします。