fc2ブログ

小龍、愛しています。

小龍
11 /24 2018

 IMG_20181123_080540.jpg

 昨日は、初雪。

 タイヤ交換してて良かった。

 IMG_20181124_104401.jpg

 今日は、晴天。

 この青空の中、小龍は、お空にのぼって行きました。

 IMG_20181124_062244.jpg

 小龍、推定6-7才。我が家に来て約5年半、

 11月20日に、その生涯を閉じました。

 019_20181124194327f0d.jpg

 CIMG6950.jpg

 犬見知り、人見知りの、ももに、どうしてもお友達が欲しくて、

 ドックランに通うようになり、

 そこで出会った、小さいめんこちゃん。

 ももが、自分から遊びに誘い、一緒に遊べるようになって、

 我が家に迎えようと決めてから、

 おやつ作戦を決行し、

 にぼしのおじさん、おばさんとして、

 ドッグランに通ったよね~。

 CIMG0876_20181124194342f49.jpg

 002_20181124194325a98.jpg

 025_20181124194331f46.jpg

 迎えた日から、

 ももと小龍の関係は決まってたね(笑)

 021_2018112419432959e.jpg

 ばぁちゃんに、キッスをせがまれ、

 困ったよね~。

 CIMG1152.jpg

 CIMG1128.jpg

 CIMG5479_20181124194347264.jpg

 小龍を迎え、最初は、なかなか慣れない小龍に、

 ももと同じだけの愛情をかけられるか不安だったけれど、

 そんな不安は、いつの間にか、すっかり消え、

 小龍がいるのが当たり前になったんだよ。

 369_201811241943372d5.jpg

 439.jpg

 029_201811241943317b4.jpg

 飛行犬、楽しかったね~。

 スタート地点で、ぽっこりんが、小龍と待ち、

 嫁がゴール地点で、

 「小龍~、おいで~」と呼ぶと、

 とっても笑顔でビュンビュン飛んで走ってきたね。

 かっこよかったよ~。

 CIMG0828.jpg

 CIMG5482_20181124194348367.jpg

 IMG_20160827_131848.jpg

 018_2018112419432962f.jpg

  あんずとだいずが家族になり、

 094_201811241943340df.jpg

 気がつけば、

 小梅とぽんずも家族になり、

 006_201811241943264a1.jpg

 IMG_20180104_065500.jpg

 ゆずとはるも家族になり、

 総勢8匹の大所帯となって、

 一番体が小さくて、

 一番態度がデカクて、わがままで、

 でも、と~てもかわいいお兄ちゃん。

 IMG_20180627_205608.jpg

 おやつをもらう時は真剣になり、

 IMG_20171230_072043.jpg

 IMG_20170708_144827.jpg

 小梅とは、いっつも一緒だったね。

 121_20181124194335d37.jpg

 IMG_20180109_190328.jpg

 IMG_20171228_222153.jpg

 小さい手、小さい体、

 IMG_20181124_140203.jpg

 もっと小さくなって帰ってきちゃった。

 IMG_20181124_140318.jpg

 

 11月20日、

 小龍は、首のコブを取る手術でした。

 悪性では無かったけれど、

 腫れるたびに薬をもらい様子をみてきたのだけれど、

 だんだんと腫れが大きくなってきて、

 本人も気にして首をかいたり、

 傷がついて汁が出てきたりして。

 朝の9時に小龍を病院にお願いし、

 夕方5時にお迎えに行く予定でした。

 11:59に、病院から嫁に、着信があるも気づかず、

 そのとき嫁は、近所にオープンしたパンケーキ屋さんで、

 一人のんびりお茶してた・・・

 ぽっこりんに電話がいき、

 ぽっこりんからの電話が12:01、

 嫁が着信に気がついたのは、12:05、

 ぽっこりんに電話をし、

 第一声が、「小龍が心臓止まった!小龍が死ぬかも!」

 なにを言っているのか理解が出来ないまま、

 二人で病院へ。

 待っていたのは、一生懸命に、

 涙をぽたぽた落としながら心臓マッサージをしてくれている先生と、

 口に管をし、横たわって動かない小龍。

 「がんばれ、がんばれ」

 「小龍、戻っておいで」

 どんなに呼びかけても、

 どんなに手を握り締めても、

 どんなに撫で続けても、

 小龍は戻ってきませんでした。

 
 実は、小龍の手術日は、

 嫁が勝手に決めました。

 実は、嫁は、

 ぽっこりんと別々の人生を歩もうと考えてました。

 その話を、1ヵ月くらい前に、ぽっこりんにし、

 その準備を進めているところでした。


 嫁のわがままで別々の人生を歩もうと言い出し、

 悪性じゃないのに手術しようと、手術日も勝手に決め、

 小龍が必ず帰ってくると安易に考え、

 小龍が頑張っているときに、

 のほほんとお茶して、

 悪いのは全部、嫁なのに・・・

 なんで小龍が目を覚まさないのか、

 なんで、ぽっこりんは、嫁を責めないのか。

 帰りの車で、

 泣きじゃくり、謝ることしか出来ない嫁に、

 ぽっこりんは、

 「お前のせいじゃない、誰のせいでもないんだよ」と。


 まるで眠っているような小龍。

 すぐに目が覚めるような気がして、

 だっこして、一緒に寝て。

 でも、やっぱり目は覚めなくて。

 ただただ悲しくて。

 小龍の死が、頭では分かっていても、

 心がおいつかない。


 いろんな事を考え、

 ぽっこりんとも改めて話をし、

 我が家は、さとごろう一家として、

 再結成します。

 今度は、解散は絶対無しです。


 IMG_20171228_222127.jpg

 「みんな~、いままで、ほんとうに、ありがとう~。」



 0000166961.jpg



 小龍へ。

 小龍、幸せでしたか?

 ぽっこりんと嫁は、あなたが我が家に来てくれて、

 ほんとうに幸せでしたよ。

 もっともっと、ず~っと一緒にいられると思っていました。

 あっというまの5年半でした。

 もっとだっこしてあげればよかった、

 もっと、あなたの匂いをかいでいたかった、

 もっと、もっと、もっと・・・

 神様にお願いして、最短で毛皮を着替えて、

 ダッシュで戻って来てください。

 小龍、愛しています。

 小龍、またね。


 うまくお返事ができないと思うので、コメント欄は閉じますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

さとごろう

嫁(さとごろう):稼ぎ頭2号 
ぽっこりん   :稼ぎ頭1号
3わん、5にゃんと、おまけ人間。

気が付いたら、こんな大家族に!!
かわいこちゃんの事や、
日常のちょっとしたことを、
綴っていきます。
よろしくおねがいします。