ちびちゃん

はる
06 /26 2017
 フル充電出来ず、

 充電98パーセントだったもんだから、

 すっかり電池切れて、

 更新も滞っておりました。


 今日は、我が家の子達は登場しません、

 面白い話でもありません、

 嫁の支離滅裂な後悔まじりの長いひとり言です。

 
 

 前回登場の小さな黒毛玉、

 「ちびちゃん」 とりあえず、ちっこいから。。。
 
 001_20170626211921ac5.jpg

 002_20170626211923190.jpg

 003_20170626211924f01.jpg

 ウェットティッシュと同じくらいな大きさの、ちびちゃん、

 体重も300グラムくらい、

 これで二ヶ月弱。

 ちっちゃーーーい。

 004_2017062621192547a.jpg

 005_20170626211927830.jpg

 お顔はぐじゅぐじゅで、保護場所では、丸まって動かない。

 自分でごはんも食べられなかった、ちびちゃん。

 
 061_201706262119310f1.jpg

 064_201706262119339f0.jpg

 ごはんをモリモリ食べ始め、

 066_20170626211934db4.jpg

 ウエットティッシュより大きくなってきた♪

 059_20170626211928eed.jpg

 060_201706262119303a5.jpg

 猫じゃらしでも遊べるようになりました~。

 おトイレも、ちゃんと出来るようになった、お利口ちびちゃん♪

 残念ながら、左目は、ダメでした。

 眼球破裂。

 「残った右目を大事にしましょう」と先生。



 この子がいた場所は、

 嫁の会社の近くの、とあるおうちの駐車場。

 会社の敷地内で、たまに、数匹の野良らしい子を見かけていた嫁、

 気になりながらも、遠巻きに見ていた。

 5月のGW明け、ふと通りかかったおうちの前に、

 見かけていた猫や見かけない猫が、3-4匹。

 すんごーく気になった嫁、

 おもいきって、そのおうちのチャイムを鳴らしてみた。

 案の定、野良たちで、かわいそうだとエサをあげたら、

 居ついてしまったらしい。

 よくよく見ると、小さい毛玉が5匹。

 子猫産んじゃってるよ。。。。。

 「これ以上増えないために、手術をしませんか?」

 いろいろ話をし、手術しましょうということで話はまとまったけれど、

 子猫は、生まれたばかりのようで、

 どのタイミングで離したらいいのかも、全く分からない嫁、

 ネットを見まくり、保護ボランティアの方から話を聞いたり。

 生後二ヶ月くらいまでは母猫と一緒の方がよいと思い、

 先週、捕獲に。

 
 初の捕獲に、嫁、右往左往。

 チャイムを鳴らした日、5個あった小さい毛玉は、最後の1個になっていた。

 あの日に、無理してでも毛玉ちゃんたちを連れて帰ってきていたら、

 ああすればよかったのか、

 こうすればよかったのか、

 考えても考えても、

 答えはみつかりませんでした。


 ちびちゃんの母猫と、その兄弟たちは、さくら猫になりました。

 ただ、その付近には、まだ、親子猫(母猫、子猫2)が。

 嫁は、みんな手術したい。

 えさやりさんによれば、

 最初は黒猫1匹だった、

 引越しで置き去りにされた黒猫をかわいそうだと思い、

 エサをやりはじめたら、多いときには7匹の子猫を生んだそう。

 増え続ければ、鳴き声や、糞尿がご近所迷惑になるだろう、

 えさやりさんを通り越し、

 憎悪は猫に向けられると思う嫁。


 なにが正解でなにが不正解なのかは、

 まったく分からないけれど、

 とりあえずは、

 ちびちゃんを、まるまる太らせ、

 さらにかわいい子にします。

 [広告] VPS

 
 

 
 ◎にゃんだーガード
 福島でも頑張ってくださってます。
  
 ◎LYSTA
 福島県いわき市で頑張ってくださってます。
 
 ◎ちーむぼんぼん
 こちらも福島で頑張ってくださってます。

 嫁の地元でも頑張ってくださっている方達がたくさんいらっしゃいますよ~。
 ◎動物愛護支援の会八戸
 毎月二回譲渡会開催してますよ~。

 ◎しっぽの願い@青森
 条件付譲渡ってご存知?
 かわいい子が待ってますよ~。

 何がきっかけか忘れちゃったけれど、
 ももを家族に迎えて、いろいろ思うところがあって、
 細く長く応援したいと探して出会った団体さん。
 他にもたくさん応援したいところはあります。
 自分に出来ることを少しずつ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます