あんこ

ゆず
05 /26 2017
 あんこに、たくさんのご心配を、本当に、ありがとうございます。

 あんこ、元気でーす♪


 あんこのことを書く前に、

 腹が立ち、同じ人として情けなくなる記事を拝見しまして・・・

 ワンニャンだけでなく、動物のいろいろな情報を記事にしてくださっている、

 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」さんで、

 こんな記事が→動物病院の柱に吊るされていた母猫と一緒にダンボールに入れられ捨てられていた子猫たち

 遺棄は犯罪です。ましてや、吊るすなんて!!

 この子たちが一日でも早く赤い糸がつながり、幸せになりますように~。


 さてさて、

 今日の あんこ

 001_20170526230108e99.jpg

 003_20170526230110b91.jpg

 元気です♪

 004_20170526230111e6b.jpg

 036_2017052623011328a.jpg

 食欲全開!

 扉を開ければ、一目散に走り寄ってくる。

 037_20170526230114c1f.jpg

 038_20170526230116434.jpg

 甘え方も激しく、甘噛みあり、

 指を出せば、おっぱいを吸うようにチュパチュパ、

 足をふみふみ。

 7-8ヶ月でも、おっぱい吸うんでしょうか?

 とにかく、予想以上の甘えん坊。

 トイレも分かってました。

 保護して初日の夕方、下痢。

 その後、うん〇をした形跡がなく、

 今日していなかったら病院に行こうかと思ったいたら、

 りっぱな形をした、うん〇が。

 一安心だけれど、中に糸状の虫っぽいのが・・・

 こりゃ、病院だな。

 

 こんなに人馴れしているので野良ちゃんではなさそう、

 捨てられたのか、迷子なのか。

 一応、ポスター作って家の前に貼ろうかと。

 迷子の掲載もしてもらおうかと。

 
 そして、我が家の子になるのかどうか?!

 家族会議の結果、

 今の時点では、

 真菌や鼻かぜなどが完治次第、里親募集をする予定です。

 6匹もいるんだし、

 一匹くらい増えてもいいんじゃないと思う方もいるでしょう、

 実は、嫁もちょっと考ました。

 ただ、一番大事に考えなくてはいけないのは、うちの子達のこと。

 保護したのは、ぽっこりん、と一緒にお散歩していた だいず。

 だいずの警戒がものすごいのです。。。

 嫁の服についた、あんこの匂いにフーシャー!

 聞いたときの無い声で鳴いて、嫁がさわろうとするとビクッっとなって。

 いつもなら、寝るときは嫁の右腕枕が だいず の定位置なのに、

 離れて、枕の横で寝ている。。。

 かわりに ぽんず が腕枕奪還でスヤスヤ寝てました~♪ 

 ぽんずを連れて帰ってきたときとは様子が違う。

 いつも、のほほーんとしている だいず が、

 挙動不審になっている。。。

 だんだん慣れてくるのかもしれないけれど。。。

 041_20170526230118b11.jpg

 
 予定は未定、

 どうなるのかは分からないけれど、

 あんこが幸せをつかむ日まで、

 見守っていてください♪

 ももは、気になってしかたがないみたい。
 あんこの鳴き声が聞こえると心配なのか、ひんかひんかし始めます。

続きを読むに追記をちょこっと。

  にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
 ぽちっとよろしくお願いいたします。
   

 ◎にゃんだーガード
 福島でも頑張ってくださってます。
  
 ◎LYSTA
 福島県いわき市で頑張ってくださってます。
 
 ◎ちーむぼんぼん
 こちらも福島で頑張ってくださってます。

 嫁の地元でも頑張ってくださっている方達がたくさんいらっしゃいますよ~。
 ◎動物愛護支援の会八戸
 毎月二回譲渡会開催してますよ~。

 ◎しっぽの願い@青森
 条件付譲渡ってご存知?
 かわいい子が待ってますよ~。

 何がきっかけか忘れちゃったけれど、
 ももを家族に迎えて、いろいろ思うところがあって、
 細く長く応援したいと探して出会った団体さん。
 他にもたくさん応援したいところはあります。
 自分に出来ることを少しずつ。

 保護の前日、

 お隣の子が我が家にピンポーンと来ていた(嫁とぽっこりんは不在)

 昨日、その子と会って、どうしたの?と聞いたら、

 「公園に猫がいて、みんなで騒ぎになって。

 〇〇さん(我が家)なら、いっぱい飼ってるから、

 どうにかしてくれるかな」というような事を、

 一生懸命話してくれた。

 まぁ、たくさんいるから保護できるでしょ、と思われるのも、

 どうかと思うけれど、子供だしねぇ。

 「たぶん、その子、今うちにいるよ~」って言ったら、

 ほっとした顔して帰っていった。

 猫と犬のおばさんとして頼られてもいいように、

 強くなりたいなぁ~。

 町内で、地域猫活動したり、

 迷子の子達がいても、

 おうちが分かって帰れるような仕組みを作りたいなぁ~。

 と思う嫁でした。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

少なくとも、「犬猫の事は、さとごろうさんに聞け」って、
子供の世界でも認識されてるって事だから、
これは、大変だけど名誉な事じゃないかな~^^
そうか、あんこさん、やっぱりお腹にペットを飼っていたかww
これは、とっとと、駆虫して、食べたモンが身になる様にしなきゃね~^^
それにしても、耳の長いキリっとした別嬪さんだわ~
で、スリゴロの甘えん坊さん、萌えキャラやね^^v

うん、責任をもってその子の一生を託される・・・って、とても責任が重く、大変な事。
だから、容易に、もう一匹・・・っては、絶対に思えないです。
これから、里親さを探すのも、病院でのアレコレも大変だと思うけど、
応援します!
あんこさんの幸せの為、がんばれ~~~

ほんなあほなさま

こんばんは~。
どーんと頼れる近所の猫おばちゃん目指します!
ペットがペットを連れてきましたよ。。。 我が家がペット可でよかったです。
応援ありがとうございます!幸せになります~♪