小龍と小梅のちがい

わんず
03 /02 2017

 会社の子が先日事故にあった。

 車で普通に走っていたら対向車線から車がブーンときたんだそうな。

 救急車で運ばれ、みんなで大丈夫なのかと心配。

 さいわい、打撲ですんだようで本当によかった。

 これから痛みが出なければよいのだけれど。

 原因は、相手の居眠り運転。

 自分は気をつけていても、

 いつ何が起こるか分からないと痛感。

 会社の子がほんとに生きてて良かった!



 さてさて、

 前回の小龍と小梅♪

 生で見れば、なんとな~く違う気がしないでもないのです。

 まぁ、ほぼほぼ、みなさん一度では区別がつきませんが。

 ということで、

 龍と梅の違いを!

 小龍から、

 053_20170302195409217.jpg

 052_20170302195407d6a.jpg

 そして、特徴的なのが、でこっぱち、

 054_20170302195407509.jpg

 きれいな丸ですね~。



 つづきまして~、 小梅、

 058_20170302195414bd7.jpg

 身長は小梅の方が長~いのです。

 057_20170302195412d1b.jpg

 鼻が長い、

 キツネか?!

 色も、小梅のほうが茶色っぽい。

 074_2017030219561330b.jpg

 075_20170302195619b03.jpg

 CIMG7509.jpg

 気が付けば、けっこう二匹でいることが多いのよねぇ♪

 073_20170302195615678.jpg

 ぜひお近くにお越しの際は、生の二匹を見比べてください~♪

 お待ちしております♪

 


 小龍と小梅は兄弟なのか違うのか分かりません。

 保護された場所も、日付も違う。

 共通しているのは、捨てられたということ。

 小龍は縁あって我が家の子に、

 小梅は嫁が勝手に運命を感じ、

 暴走列車(燃料:アルコール)で保健所から引き取り。

 小龍には兄弟がいた、

 おそらく十数匹、

 そしていっきに捨てられた。

 小龍と一緒に保護された子、

 保健所に捕獲され、今はこの世にいない子、

 野良犬となり、どうしているのかわからない子、

 兄弟みんなに奇跡は起きなかった。

 小梅は嫁以外にも保健所から出そうとしてくれてた方がいた。

 小さな奇跡が重なって、

 我が家に大きな幸せが来たのよねぇ。

 愛玩動物として、

 人に頼らざるをえない生活を強いたのは人間です。

 なら、その子達の命を幸せに全うさせるのも、

 人間の義務なんじゃないの。

 ばかいぬしに捨てられた、この子達は、

 我が家の宝になりました♪

 023_201703021954043ad.jpg

 CIMG7510.jpg

 たくさんのモフモフに幸あれ~♪



 さて、下の2枚、

 どっちが小龍でどっちが小梅でしょうか?♪

 055_20170302195409c93.jpg

 056_20170302195410086.jpg

 ふふふふふふふふふふ♪
  


 ◎にゃんだーガード
 福島でも頑張ってくださってます。
  
 ◎LYSTA
 福島県いわき市で頑張ってくださってます。
 
 ◎ちーむぼんぼん
 こちらも福島で頑張ってくださってます。

 嫁の地元でも頑張ってくださっている方達がたくさんいらっしゃいますよ~。
 ◎動物愛護支援の会八戸
 毎月二回譲渡会開催してますよ~。

 ◎しっぽの願い@青森
 条件付譲渡ってご存知?
 かわいい子が待ってますよ~。

 何がきっかけか忘れちゃったけれど、
 ももを家族に迎えて、いろいろ思うところがあって、
 細く長く応援したいと探して出会った団体さん。
 他にもたくさん応援したいところはあります。
 自分に出来ることを少しずつ。






 
スポンサーサイト